Log book

11月14日、ホームページを登録しました、何かしなきゃと、取りあえず、ページ作成の事、こちらのヨットライフ、
海外出張など思いつくままに、記録してみようと思います。

Date Discription


----------------------------------------------------
Log book
.....
..日々是好日思いつくままに, ちょっとお休み、大西洋だ。
ビジネスの話は機密保持のため、オネエチャンの話は家庭平和のため削除します、御諒解下さい。 まー、行間に想像を。 で、食い物の話が多くなってしまいました。


 18, January 2003
 7−KITTOの新年会、辻君もメンバーに加わり、7−KITTO +1 になりました。
今年の目標はトイレを買って、オネエチャンも乗れるようにするのだ。

Fortissimoは、カリブに着いたら、カリブを拠点にして、バージンアイランド、バハマ、マイアミと転戦しながら、遊ぶのだ。


9, January 2003
台湾に来ました。高雄でーす。早速、定宿の福華ホテル近くの紀老爺に行って、牛肉火鍋、牛肉生姜炒め、写真は牛肉と苦瓜のニンニク炒め。トウバンジャンと醤油で食うと最高。食は台湾にあり。
台湾は世界中で唯一日本好きな人が多く、ビジネスの交流も盛んで、ただ政治だけが中国の妾か宦官になってしまった土下座外交で、台湾に申し訳ない。
サムライ日本がオサムイ日本になって、なんとも格好がつかない、こんな筋の通らない交流をしているので、台湾の人たちもアメリカを頼らざるを得ないと言う、情けない状況。
中国も好きだが、引退した李登輝さんの訪日まで、やりてババアととっちゃん坊やの宦官役人が中国もビックリしてしまった反対で実現出来ないので、恥かしいやら、肩身が狭いやら、赤面の思いです。中国の人たちも日本の卑屈な過剰対応には、よくやったと言いながら、馬鹿か、と軽蔑しているのですから、まー情けない。
新幹線もフランスから日本に発注変えになり、いつもヨーロッパと熾烈な競争をしているオイラはどうすればいいんだ。
日本なんか当てにするより、ヨーロッパとアメリカを頼ったほうが良いよ、と本当のことを言ってあげるほうが本当の友達かも。

7, January 2003
韓国から来たKimさんGeeさんたちとJaran AmpangのKorean Townにある韓国レストランへ。
ハワイー広島でのアラワイで韓国料理の美味しさを知り、アリランレースで行った釜山の日本人が居ないスンヨンロータリー付近の食堂?で好きになってしまいました。
Wongさん達と食って、飲んで。マレーシアで本物の韓国料理が食える。これも仕事上の韓国ビジネスマンと知り合えたからこそ行けるのです。日本レストランより遥かに安い。それにしてもこの程度の不具合に社長自ら、2回もマレーシアまで手直しに道具持参で修理に来る韓国ビジネスは、日本が忘れてしまった信用を大切にする事を思い起こしてくれます。韓国恐るべし。Kimさんに乾杯。

ここクアラルンプールもコリアンタウンが出来るほど、自動車、家電、建築と韓国企業の進出には目を見張るばかりです。
Geeさんは、元、現代重工にいて、ここマレーシアには12年、奥さんは韓国語を教えている。僕も井上君を見習って韓国語の勉強をしなくっちゃ。


 
  KL、P. LamleeのModestoでハッピーアワーのビールを飲んで
                 すましているおっさんは、ボクでーす。

 同じくすましている愛妻でーす








6, January 2003
田原さん夫妻と中村さんと客家レストランで歓談。
オランダの石油会社の中国海南島のプラントを日本のエンジニアリングが受注し、フランスのエンジ二アリング会社のマレーシア法人事務所で、機器を世界中から調達するというグローバルそのものの仕事の中心の人たちです。

日本もまだ捨てたものではない、頑張っています。ちなみに田原さんはバイク野郎です。





 
                5,January、Shipで久しぶりのエスカルゴとステーキ





5, January 2003

週末、KLから2時間くらいの高地にあるCameron Highlands に行きました、ここはもう秋。日本で空港まではいていた股引まで引っ張り出して着ないと寒くてしょうがない。ここはイギリス人が開発した1500mの高地にあるリゾートです。日系のイチゴ畑やきれいな水を利用したクレソン畑、有名なBOU Teaの茶畑や新鮮な野菜がふんだんにある。

ジャパニーズビジネスマンの悲しさ、ここまでパソコンを持ってきて、インターネットでメールをチェックしないと寝られない。休日で電話に用がないのだけが寂しい。



朝飯は鮭頭や蛙のお粥、最高。 新鮮な野菜の海鮮鍋。   こりゃー美味い、魚の料理。 ハイランド野菜だらけ

2, January 2003
福岡空港はガラガラで、快適です。シャンペンを飲みながら、今は鹿児島の桜島を見て、種子島、屋久島を通っています。寒ーい日本から、暑ーいマレーシアに向かっているところです。
プレゼントのトイレシャワレを引っ張ってKLへ。右は天気、左はシャワーで虹がかかっています。ホテルで休む間もなく中華レストランHappy Valleyでビジネスミーティングのディナー。フランスのエンジニアリング会社のイギリス人夫婦とビールにワインに招興酒、新作中華料理、美味いし安い。マレーシアは良いなー。


1, January 2003  
謹奉賀新年
明けまして、
オメデットオさーんです。2003年も宜しく、遊んで下さい。
飲み過ぎの二日酔いと、天気が期待通り悪いので、布団の中で稲垣君からの電話に「今日は曇りで、寒いし、初日の出は拝めそーもないし、船を出すのはやめよー」と意見一致して、そのまま布団をかぶって、それにしても正月は退屈。テレビも見るのがアホらしくなる番組ばかり。正月早々人の家に行ったり、呼んだりできないので女房とハーバーに行ってもやいを確認したり,風呂に入ったり、早くマレーシアに帰りたいと旅行準備


28日最後の忘年会、はしご、はしごで最後の店では寝てしまいました。29日、オフクロは九州へ温泉旅行、僕達は広島の愛妻の実家へ、30日は、娘の居る倉敷へ、アイビースクエア−に泊まって観光して大晦日に家に帰って、風呂に入って飯を食って、焼酎をぶら下げて姉夫婦の家で飲んだくれて、アッと言う間に2002年は過ぎて行ったのでした。ごくろーさん。

24, December 2002
この所、忘年会続きで、胃がヘロヘロです。22日、JSAF(NORC 周南F)の忘年会の一こま。


左から、奥さんに甘えて、もだえる長浦フリートキャプテン。やさしく見守る林、近間さんコンビ、取りまとめ役はいつもの磯村さん、ごくろーさまです。井上、福田英太郎君は、はしごでどこに行ったやら。津田、坂本さんと僕は屋台のラーメン屋。酔っ払いの野間君は井上、福田君を捜索に行ってしまいました。こうして今年も周南フリートは、みんな明るく、元気に、2002年を祝ったのでした。

15, December 2002
稲垣、辻君と船を出す、船外機を下ろすのが面倒なので、ポンツーンでメインを上げて出る、風は弱いが沖に行くと4-5mの風が吹いて心地良い、「飲んだら、乗るな!」と2人共帰りの運転を考えてあまり飲まないので、ついつい3人分飲むハメに、ビールから焼酎になって2人に任せて中で寝っ転がってしまう。そのうちに風も無くなり、GALLにも置いて行かれてしょうがないのでハーバーに帰る。

9, December 2002
12月7日の土曜日は仕事を終えて、グリーンヤマトで忘年会、磯村さん夫妻や、入江さん達がおいしい料理を準備してくれ、大いに酒が進んだのでした、飲んだくれてハーバーで寝てしまった。

8日日曜日雨が上がったので、ヨットに乗りたいと言う、辻くんと2人で昼から船を出した、フルメン、レギュラージブ。オーバーキャンバスだがリーフポイントが無いのでリーフできず、風を逃がしながら走る。ビールを飲む所ではない、久しぶりに真面目にセーリング。強風で彼にとってはびしょ濡れの初セーリング。彼はボストン大学卒業で欧米的な感覚を身に付けているので、このコンディションでのセーリングに満足したようだ、メンバーに入りたいと言うので大歓迎。

左から稲垣、磯村さんの奥さん、津田、入江、坂本の諸氏、宴のあとの後始末。

23, November インドネシアは、12月6日の正月までイスラムの断食、ラマダンなので仕事にならないらしいので、取り止めにして明日、日本に帰る事にした。帰りたいやら、帰りたくないやら−−。複雑な心境ですなー。また退屈な日本での仕事が始まる。
Wongさんのいとこの結婚式、レストランを借り切って500人が集まった。
祝儀はお年玉を入れる小さい封筒に100リンギット、約3000円。リーズナブル。式はしょうも無いスピーチもカラオケもなし、司会のおにいちゃんが時々なんやらしゃべるだけ、飲んで食って、ヤムセー(乾杯)が延々と続くのでした。20年前の日本はこんなもんだったのに、いつの間にかバブルって目いっぱい派手になってしまって、下品ですね。


ホテルの朝飯、和洋いろいろ試したが、ルームサービスではこのマレー朝飯が一番、食って4階の大きなプールで汗を流すのです。


Wongさん、奥さんとAmy。友達のRobertの化粧品会社Esteroderのパーティー。綺麗なオネエチャンがいっぱい。

Robertは、この2月末期肺がん余命2ヶ月と診断されたが、ベッドのままニューヨークに行って治療し、今回元気な姿を見てビックリ。多少は太ったが安心した。

華やかで楽しそうなパーティーに後ろ髪を引かれながら、東京からのお客との約束がありお決まりの客家レストランへ、ジャパニーズビジネスマン達はこの後、飲んだくれて、あっちコッチ、夜の3時までクアラルンプールの夜を楽しんだのでした。

22. November
これがカレーラーメン、Curry Laksa だ。ココナツミルクの入ったカレーラーメン、
えびやイカ、鶏肉にゆで玉子、野菜にアゲがたっぷり入っています、食べ始めて写真を撮る事を思いついたので、大分減っています。

夜中に腹がへったのでルームサービスを頼んだのだが、10分くらいで持ってきた。これで19Ringgit、約570円くらいかな。
マレーシアに来た当初はクーラーの効いたレストランにしか連れて行ってくれないので、あまり食が進まなかったが、いまやこちらの人が行く安い店に行くので体重が減ることもなくなった。
バクテー、フィッシュヘッドカレー、カレーラーメン、火鍋、他、家庭料理が美味い。

17, November  日曜日だぞー。クアラルンプールの休日は海へ行くのだ−。毎日曇り空で、過ごし易い、毎日夕方になると豪雨になる。


朝飯は、フェデラルホテルで飲茶  ポートディクソンのヨットハーバー、カナダ、オーストラリアからクルージングに来ている、設備は整っていて、係留料は安い。ハーバーのコンドミニアムは空きが多い。リタイア−したらここに住んで毎日ヨットに行くのも良い。

16, November

洗濯物,ユニクロのシャツで、ごめんね。  ケランの昼飯2人前1000円   ブキ ビンタンはアジア、P.Ramlee、はヨーロッパ風

クアラルンプールに帰ってきました。ここに来るとホッとする。今日は土曜日、日本も休み。と思ってたら、朝からお客様の電話で起こされてて、仕事、仕事。仕事しなくては遊べない。一生懸命に仕事に励むダ。
窓の向こうに見えるは世界一高いツインタワー歩いて5分。朝飯はルームサービスで、これも料金込み。こんなに安くて、リッチやねー。

仕事が終わって、早速ポートケランのヨットハーバーへ。ランカウィのレースへ行ったのか、人も船も少ない。レースのホームページはここから。http://www.rsyc.com.my/

遅い昼飯をケランで食って、クアラルンプールへ帰って、2ヶ月ぶりのヘアーカット、脚底マッサージ、P.Ramleeのカフェーでビールを飲んで、ホテルに帰って飲んでいます。健康的でなおかつエコノミーだなー。

部屋に帰ると今朝出した洗濯がバスケットに入れてありました。朝飯も日経も洗濯も込みこみで5000円。何でこんなに安くできるなか、日本が高いのか?ですねー。場所も良いし、部屋も広くて清潔、バスタブもシャワーもあって、広−いプールもタダ。日本でヒルトン、京王、今は台湾福華のホテルマン渡辺さんもビックリするでしょう。



15, November
ちょっと二日酔いだ。昨日は仕事が終わってホテルのプールで泳いで、心地良い疲れを引きずって安藤さんと待ち合わせの「紀老爺」でビールがウメ−。牛の火鍋に苦瓜と牛肉、ビールが進むうちに招興酒に変る。福華ホテルの30階のラウンジで渡辺夫妻と歓談、ウィスキーをいただく。東京から赴任してきたばかりで、

13, November
今日もよく働いた。19時上海から帰った張さんと滝口さんが来て、「老正興」に行く。広州でのビジネスの話を聞くが、大変らしい。中国は広いな、大きいなー、行って見たくない、行くのはいいけど、商売は難しそう。


12,November 2002
昨日、月曜日は朝7時からの早朝会議、夕方5時半からの月曜会議で、会議が嫌いな僕は、なるべく月曜日には出張したいのですが、逃げ遅れて残念ながら火曜日からの出張になってしまった。今日から台湾、暖かいし、会議もなくて仕事が出来る。頑張るぞ。

愛妻とは駅でしばしの別れが切な−イ。 福岡空港は検査に30分以上並んで、トイレもタバコを吸う暇もなく、走りはしませんが、早足で最後に機内へ、クソ−と思って座席に座ると、シャンペンを持って来てくれました、機嫌を直しておいしく戴きました、単純なんよ ね。 オイラは。

台北は晴天、1006HP、28度 北の風2m。嘉義の北回帰線の南にある高雄はもう亜熱帯。早速、猛烈に仕事、とは言っても電話にパソコン、インターネット。紙に出して検討出来ないのでいまいちしっくり来ないが、これが今からの仕事なのだ。

晩飯は、小吃とはいってもきれいなケ師傳で食事、食いきれない量で、最低3人位でないと残ってしまう。3人前で800円、ここも安い、美味い。写真は社長のケ清鴻さん。6店舗を台湾国内で展開している。東京でフランス料理の勉強をしただけあって、美味くて、店は清潔で、料理も洗練されていて。ここは日本人むけで日本の雑誌にも紹介された。ホームページは文字コードは分りませんが、写真でも見てください。http://www.chefteng.com

10, Nobember 2002

朝、中古とはいえ新しいセールが来ました、早速ハーバーへ、例によって、皆、仕事や遊びで忙しく来れない、しょうがないので一人で出ようとフィッティングしたら、稲垣君が来て、2人で出航。

ビールを買ってきてくれたので、飲みながら、酔うほどに、シュワ−シュワ−っとバウが波を切り、時々のブローが心地良く船をヒールさせてくれる。…詩的だな、酒を飲むと詩人になる。

…で、やっぱり船内にころがっている焼酎が出てきて、つまみをほおばりながら、詩人から酔っ払いになってしまって、セーリングって楽しいナー。

29, October
今日も高雄だ、ルンルンルンっと、仕事に励むのだ。それにしても料理番組のようになってしまったダ。サイバーショットUは偉い。


ホテルの朝飯、納豆に海苔、味噌汁。あとは西太皇の好物、臭豆腐に豆乳に中華、洋食。食いすぎっちまった。昼は、屋台風、好きなものを盛ったポーク飯180円、ここはチェーン店で清潔、美味い、安い。。カメラをサイバーショットの大きいでなく、小さいUを持って来たので何でもかんでも撮ってます。
北麺南飯。ラーメンもご飯も好きな僕はどこから来たのでしょう・



晩飯は紀老爺「チーローヤ」長年来ている牛鍋屋。台湾は仏教徒なので牛のレストランは少ない。牛は一緒に農耕をする仲間なので食べない。日本も昔は仏教徒だったので牛を食べる習慣は無かったのでしょうが、100年前の西洋化とともに食っちゃえ、と。ここの牛肉料理は美味い。牛刺しもある。オヤジ(左)は面白いオヤジ。いつもなにかとサービスしてくれます。
ビールに招興酒を飲んだくれ、真中の写真は牛とニンニク、生姜の料理と空心採のニンニク炒め。美味しい。酒も進む。日本人好みの料理です。ウップ。呑みすぎちゃった。一生懸命働いた後の酒はウメ−????。この後も一生懸命 働くのだベシ。

28, October

仕事を取りに台湾に行くダ。中華航空機内食、和食とワイン。ヨットのために身を粉にして働くのだ。
そろそろ屋台に飯食いに行こっと。粉になった身体を元にしなくては。高雄の中華料理店、火鍋、ここの白菜は酸っぱく味付けされて、変っているが美味しい。胡麻だれでいただきます。客家風炒め物に麻婆豆腐、北京風お好み焼き?。招興酒、ビール。クリーンのボトルは生ビールで旨い。アサヒ、麒麟もあるがこっちの方が良い。招興酒は中国製より台湾製。




倉敷に居る娘夫婦が来ました。仲良くセーリング。

14, October 2002
この3連休、7−KITTOは毎日セーリング。女房も久しぶりの海にはしゃいでいました。



7, October 2002  クアラルンプールはこの所、曇り、シャワーとヘイズで暑くなくて助かります。


世界一のツインタワー、下の伊勢丹がバーゲンセールをやっていました、何も買えず、見るだけ。
で、ブキッビンタンのカフェーでビールを飲んでたら可愛いオネエチャンを見つけてしまいました。これも見るだけ。

5, October 2002
クアラルンプールでお客と打ち合わせ、シャーラムに行ってミーティング、6時に終わって、ハッピーアワーのビールを飲んで


WongさんFamily、高層マンションの最上階ペントハウス。最近Fish Head カレーにこっているので、奥さんが正統Fish Headカレー
を作ってくれた。僕の好きなハーミー ガーチョイ(モヤシの塩干し魚の炒め物)と野菜入り卵焼きも作って待ってくれた。
飲みすぎだったが、旨いので食べた。東南アジア一番のFish Head カレーです。美味しいので写真を撮る時には半分位になってしまいました。
食べる前に撮っておくべきでした。AmyもKidもオーストラリアの大学に行きます、日本に来たかったが高いのであきらめました。Amyは去年我が家にホームステイしましたが、余りの田舎で、10時には寝るので毎晩泣いていたそうです。


10月2日 まだクアラルンプールに居ます。


  昼飯はフィッシュカレー他いろいろ、安い旨い。       23階の部屋からホテルのプール。  これがバクテ(肉骨茶)だ。

9月29日、日曜日、昨日は月例営業会議。今日から出張。遊ぶためには働かなくては。新幹線レールスターで博多まで一時間、駅からタクシーで15分。チェックインして、ラウンジでくつろいで、今日もエアバス330。Yは満席でもCはガラガラ。前のシートを倒して脚を伸ばしてワインを飲んどります。クアラルンプールではGaryが待ち構えているので、飲んだくれて睡眠を取っておかなければ。

9月23日 今日は天気が良いが、坂本、稲垣君は昨日はセーリング、今日はゴルフと忙しい。井上、福田君は仕事。大庭君は子守り。
しょうがないので一人で儀装して、まずはビール。ポンツーンを離れて、セールを上げてやれやれ、湾内は風が無く、外に出る。
風は有るが波が無いので快調に走る。大西洋のような波は無いので楽だ。笠戸島を一周して、大橋の下もエンジンをかけるのは面倒臭いので、セーリングで通る。
10年前、エンジン故障の40ftで、ヨット初心者だった仲子君と2人で今治ー尾道間の宮の窪の橋の下をセーリングで通ったのを思い出した、若かったよなー。橋に近づくとさすがに風がコロコロ変るのでタックの連続で、ジブを返すのは疲れる。いつもビールを2-3本飲んだら、中で寝ているのだが、一人では寝るわけにも行かず、真面目にセーリングしてしまった。
たまには良いもんだ。心地良い疲労、でも充実した一日だった。明日も嫌な早朝会議だけど、ガンバロー。

Spi-Ouest Raceは、こちら。

これ以前は別に保管


カバーページ ホーム フォルティシモ カントリーヨットライフ ハワイー広島 アジア リンク ゲストブック 英仏語
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース